HOMEブログ工事 >ひかえかべ 控え壁

ひかえかべ 控え壁

こんにちは。

毎度、ごぶさたしております、スタッフ 穴原  です。

 

さて、今回のお題、控え壁とは何でしょう?

高く積んだブロック塀には必要不可欠、大変重要な部分です。

塀のつっかえ棒的な役割を果たし、地震などで倒れにくくします。

そんな重要な控え壁ですが・・・。

こちらは、建て替えのお宅。

塀には控え壁が付けられています。

しかし、建物を建てるとき土を削り取ったら控え壁の基礎がありません。

宙ぶらりんになっています。

これは大変危険な状態です。

そこで、既存の控え壁を撤去、基礎を造り、控え壁を新設しました。

しっかりとした基礎を造り、出幅を大きくしました。

控え壁と塀は、一体でないと意味がありません。

ボルトを貫通させて、控え壁にガッチリ繋ぐことで、しっかりした塀になります。

まずは、これで一安心です。

年数が経っている塀は、風化が進んでいたり、ヒビが入っていたり、

今回のように、地面を掘ったらビックリなんてことも。

ちょっと心配になったら、お気軽にご相談ください。

      暑さに弱い スタッフ 穴原  でした。