HOMEブログ工事 >対決!? 天然石 その参

対決!? 天然石 その参

皆様こんにちは。plantreeあしかがの井田です。

先日、埼玉県は神川町のとある河原にお花見に行って参りました。河原の土手沿いに果てしなく植わっている桜の木々・・・、まさに『咲き誇る』といった感じでした。美しくも儚さを感じさせるこの桜の花・・・、しばし物思いに耽ってしまいました。来年もまた、この素晴らしい景色が楽しめるようにと祈りつつ、帰路に着きました。

さて、『対決!?天然石』シリーズも今回で決着となります。寂しい様な・・・、無事工事が終わってホッとした様な・・・という気持ちであります。

前回は、御施主様が大事にされている石を新しい御庭に据え付けた所までを御紹介致しました。今回は更に更に美しく仕上げていきます。今回の主役は『植木』です。

まずは、普段、御主人様が座っておられると思われる居室の定位置にドッカと座り(もちろん御承諾を頂きました)、石組を始め、御庭全体を眺めます。次々と御庭に運ばれる植木の数々、それをバランスの良いように配植します。

 

「もう少し左、そこだ。あ、ちょっと行き過ぎ、あと30cm戻して。幹が隠れる。そこだ、そこでOK!」

 

「木の向きを時計回りに少し回して。後ちょっと、もう少し。OK!」

 

というようなやりとりが飛び交います。植木職人の親方達も少しも“面倒だ”というような顔をしません。「良い庭を作るんだ、お客さんに喜んで貰うんだ」という統一意識の下、彼らも一生懸命に戦っています。

そうこうやりとりがありまして、手に入れた『戦利品』がこちら。

まぁ、なんということでしょう・・・。一度は大き過ぎて、使うのを諦めかけていた『石』が、植木と共に新たなお庭で、また新たな命を吹き返したではありませんか・・・。

※(注)この言い回し、決して某番組の「真似っ子」ではありません。くれぐれも誤解なさいませんよう・・・。

 

ということで、もう一枚、北側の坪庭がこちら。

如何でしょうか?私も達成感で一杯です。

『本当に綺麗にして頂きました。ここに来るお客さんにも“すごい庭が出来たねぇ”って言われるんですよ。本当に良かった・・・。これから植木を綺麗に保っていくのが楽しみだわ・・・。』

後日お邪魔致しました際、御施主様御夫妻よりこのような御話を頂きました。我々作り手としては、最上級に嬉しい御施主様の御言葉でした。最後まで、私の『こだわり』と言う名の我儘を御許し下さった御施主様に、ひたすら感謝感謝であります。本当に楽しい工事でした。

御施主様御夫妻はこれから何十年もこちらに御住まいになります。季節の移り変わりと共に、植木も色合い、形等様々に変化していきます。こちらの御庭が、永遠に新鮮で、癒しの空間であり続けることを願いつつ、御施主様宅を後にしました。

次回は、『御庭いじり、ヤル気満々』の御施主様(御主人様)とのエピソード等を御紹介させて頂きます。

それでは皆様、次回お会いする時まで、御自愛の程。  

                               スタッフ井田でした  合掌