HOMEブログ工事 >対決!?天然石 その弐

対決!?天然石 その弐

皆様こんにちは。plantreeあしかがの井田です。

若干暖かさも増して参りました今日この頃、私の大好きな桜の季節がやって参りました。皆様、お花見の御予定等されていらっしゃいますでしょうか?群馬でもあちらこちらで桜の花が楽しめる状況になりました。しかし連日の強風の凄い事凄い事。これではせっかく綺麗に咲いた桜の花が散ってしまう・・・、と老婆心で心配してしまっているのは私だけでしょうか?

今回は、前回に引き続き天然石との対戦記録その弐をお届け致します。

「さて、どう料理してやろうか?」と思案を重ねておりましたのが前回まで。今回はいよいよその『石』を動かしてしまいます。私と植木職人の親方、手元の職人さんと4人で挑みました。

「取り敢えず石の周りを掘って、ユニック(トラックに付いているクレーンのような物)で吊ってみるか・・・。」ということで、『石』にワイヤーを鉢巻のように掛け、吊り上げる作業に入ります。

「ギシッ、ギシッ、ミシッ・・・。」なんとも怪しく響く、いやな音・・・。

そして、『痛いッ!やめて、いやよ、およしになってェ~。』どこからか聞こえてくるお七(?)の悲痛な叫び。

そうなんです、あまりの『石』の重さにユニックが悲鳴を上げていたんです。「う~ん、強靭な奴め・・・」。急遽大型重機の要請と相成りました。

そうこうして4対1で四苦八苦すること2時間半、ようやく新しい御庭に他の石と共に据え付けました。

御覧頂けますでしょうか?

 後で分かったのですが、この『石』、な、なんと3.8トンもありました。これではさすがに悲鳴も上がります。

メインの石組を終わらせたことで、取り敢えず大枠が出来上がりました。ここまでで全体の6割の作業が終わったというところでしょうか?いよいよ最後の仕上げ、植木でお化粧の作業に入ります。果たしてどう様変わりするでしょうか?

次回で対戦記録も最後になります。この勝負、如何に?乞うご期待!!

明け方、夕暮れはまだまだ肌寒さが続いています。風邪、花粉症等で悩まされておられる方もいらっしゃるかと思います。くれぐれも御自愛下さい。                                                            

                     スタッフ井田でした  合掌