HOMEブログ工事 >職人さんの細やかな気配り その2

職人さんの細やかな気配り その2

さあ、今日も昨日に引き続き職人さんの細やかな気配りを紹介。

        今日はここ ↓

 

ん?また変な写真を、何っ?と思ってますよね。まあまあ、ちょっと聞いて。

道路沿いのコンクリートの土留め(塀の低いやつ)の上に、

針金の太いのがニョキニョキと生えていません?

この後コンクリートの上にブロックを積む予定でして。

ブロックって中に穴が開いていて、

倒れないようにこの鉄筋(太い針金みたいなやつ)が中を通っていくんですけどね。

一度に出来ないのでどうしても鉄筋だけが

ニョキニョキとした状態になっちゃうんですよ。

このままニョキニョキだと危ないですよね。

なので、よーく見ると頭に黄色いキャップがついているの見えます?

これを一個一個はめておくんです。

お客様や通りかかりの人がケガをしないようにと。

で、いざブロックを積むときにはまた一個一個はずします。大変だぁ。

でも誰かが痛い思いをしたらもっと大変。

職人さんはあたりまえの事のように一個一個つけたりはづしたりと。

(写真にはちょっとしか写っていないけど角を曲がった先にもいっぱい鉄筋がニョキニョキ)

道路沿いなので赤いカラーコーン(よく工事現場でみる三角帽子みたいなやつ)

も置いて、ご通行の方にも注意を促します。

『すみません、ちょっとの間だけ危ないからね。気をつけて通ってね。』

との思いを込めて。

今日もどこかの現場で、

ニョキニョキ鉄筋に黄色いキャップをつけている職人さんがいます。

職人さんありがとう。