氷の鏡

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

年が明けたと思ったら、もう1月も半ば・・・時が立つのは早いですね。

休みボケも許されず、通常モードに一気に突入しています。

さて・・・。

もう皆様お忘れでしょうが、前回のブログで書きました「氷の鏡」。

(前回の穴原ブログはこちら→)

忘れずに、写真を撮ってきました~。

朝日にきらめく「氷の鏡」

庭木のツゲに飾ってみました。

どんだけ寒いんだ~というくらい厚い氷ですね~。

ちなみにこの日の外の温度計はマイナス5度くらいでした。

どうしてこうなった?と首を傾げたくなる「氷の鏡」。

中に空気の気泡のようなものが出来てます。

 

・・・という感じで、ただの氷な訳ですが、なんとなく自然が作る芸術といいますか、そんな大層なものでもないですが、感じることが出来ます。

昼の気温と飾り場所にもよりますが、寒いと2~3日は溶けずに残ります。

まぁ、たいていは蹴飛ばして粉々に砕け散るのを楽しむのですが・・・(結構快感なのです)

作り方も何もないのですが、バケツやタライに水を入れて、夜の間放置していれば出来上がり。

底が丸い洗面器等の方が、氷が外し易いですね。

きれいに外れると、これまた快感です。大抵は割れちゃうんですよね。

年始早々、外構とは全く関係ない内容でした~。

今年もどうぞ、ご贔屓に。

よろしくお願いいたします。

スタッフ 穴原  でした。