HOMEパースギャラリーオープン外構 >土間の駐車場をデザイン

土間の駐車場をデザイン

コンクリートだけではそっけない表情の駐車スペース。
レンガのブラウンと植物のグリーンでアクセント。

お車を置くスペースは、実用性を考えるとやはり・・土間コンクリートがいいな。

でも、車が出てしまうと・・・グレーのコンクリートだけでは・・・なんだか淋しい・・

そこで、車を置く位置の目安に、レンガでライン代わりのアクセント。

さらに横のラインにはコンクリートに目地を入れて、タマリュウと言う植物を植え込みました。

このタマリュウ、ちょっとやそっと踏みつけられてもへっちゃら。頼もしいやつです。

また、コンクリートは雨水を地中に浸透出来ません。

このパース、左上の、フェンスの下のブロック(ちょっと濃いグレー部分)と、

土間コンクリート(薄いグレー部分)の境目を良ーく見てみて。

道路に向かって少し斜めになっているの、解りますでしょうか?

こうやって勾配をとって、少し斜めにして水が自然に道路の側溝に流れていくようにしています。

駐車スペースの奥行きは一般的に6m近くあります。

このパースの様に、途中で目地が切ってあると、雨水の浸透のお助けにもなります。

そして何より、コンクリートってあまり大きな面積だとヒビが入りやすいんです。

おしゃれにしながら、何気なく面積の調整も出来てしまう、そんなデザインです。

関連のパースギャラリーを見る