HOME施工事例新築外構 >自然石でゆったりとした階段 栃木県宇都宮市

自然石でゆったりとした階段 栃木県宇都宮市

道路から玄関までの高低差のある道のりを、ゆったりとした気持ちで行き来出来るアプローチ。

自然石を敷き詰め、階段の幅や奥行きを大きめにとり、

段差が苦にならないような演出をしています。

 

階段の蹴上部分(段差の側面部分)を

自然石を横に積み上げる様な形で形成。

よりナチュラルな雰囲気で

落ち着いた雰囲気を作り出します。

 

駐車場とアプローチの間に、

2つの空間を区切るスペースを設置。

土部分にはスギゴケを敷き詰めました。

自然石を部分的に数箇所設置。

好みのプランターを置いて、

楽しんでいただけるようにしてあります。

中央のシンボルツリーには、

ブラウンの角柱をランダムに添わせて、

オブジェ風に設えてあります。

写真右手、居室と道路の間には、
建物外壁と同じタイルの塀を設置。
間に縦格子のスリットフェンスを組み込み、
風通しと採光を確保するとともに、
デザイン性をもたせました。

左に掲載写真の、境界塀の内側です。
京都某寺院の石庭の様に、
その日その日の心持ちで表情を変える。
しっとりと心落ち着く空間です。